宝箱の島 2014/5/24

こんにちは

廃錆エリンギです



今回はこのブログを書こうと思ったきっかけである


池島散策について綴ろうと思います





そもそもなぜこのタイミングで行くことになったのか




長崎に来た時から「池島には行かなくては!」とは思っていました

思ってはいたものの、なかなか動かずじまいでした



そんな私に思いもよらない出来事が



フォロワーさんにしゃれこーべさんという方がいらっしゃいまして

廃墟や様々な写真を撮っておられ、その写真がすばらしくて・・・!

勝手に崇拝しています(笑)



そのしゃれこーべさんが現在進行形でママチャリ日本一周をされており

ちょうど土日に長崎に来られるとの呟きが!



すかさず反応すると


「よかったら一緒に池島行きません?」 と。





もう、行くしか選択肢は無いなと。


そしてしゃれこーべさんと池島にご一緒させていただくことになったのです





前置きが長くなりましたが、

どしどし写真載せていきます!!



朝、しゃれこーべさんと漁港で待ち合わせ、漁船で池島へ!




着きました。



IMG_20140625_155043.jpg


大興奮ですよね本当に・・・

廃墟探検初心者にとってはもう、もう、





とりあえず落ち着こう


IMG_20140625_155137.jpg

なーに撮ってるんだにゃ





IMG_20140625_155221.jpg

池島の妖精さん・・・?



廃トロッコ
IMG_20140625_155624.jpg


きらめく水晶玉
IMG_20140625_160821.jpg




IMG_20140625_160854.jpg




さて

中に入っていきます



006-ikeshima_convert_20140620092940.jpg


IMG_20140625_161117.jpg

目に映るもの全てが、


IMG_20140625_161019.jpg

人間によって、


IMG_20140625_161403.jpg

生み出され、


IMG_20140625_161514.jpg

人間によって、


IMG_20140625_154737.jpg

棄てられたもの。




IMG_20140625_161605.jpg

IMG_20140625_162156.jpg




私は

その棄てられたものに



魅せられ、感動させられ、


ひたすらにカメラを向けていて。


003-ikeshima_convert_20140620092611.jpg

004-ikeshima_convert_20140620092641.jpg


なんて滑稽な話だろう――。



IMG_20140625_162340.jpg

何も見えなかったことにしよう。



IMG_20140625_162302.jpg

さっきのトロッコはきっとここを毎日出入りしてたんだ





ここはまだ序の口

先に進みます。



上から眺めると

IMG_20140625_162407.jpg

IMG_20140625_162551.jpg

IMG_20140625_223036.jpg

怪物のようだなぁとか。



IMG_20140626_001945.jpg

錆びた彼岸花。






IMG_20140626_002010.jpg

DSC_0100_convert_20140629050912.jpg


IMG_20140626_124336.jpg

ここは発電所のようで

まだブゥゥゥゥンという音をたてている建物もありました。

数少ない島民に電力供給しているのかもしれません。




IMG_20140626_124302.jpg

清々しいほど青と緑



DSC_0135_convert_20140629044935_20140629051027acf.jpg

ザリガニが釣れそうなプール





ひたすらしゃれこーべさんに頼りながら

藪をかき分け、奥へ奥へ






IMG_20140626_124610.jpg

錆び錆びしてきました



小人の通り道。
IMG_20140629_055920.jpg




DSC_0144_convert_20140629050757.jpg

IMG_20140629_060639.jpg

石炭を運んでいたベルトコンベアー的なもの。





IMG_20140626_124354.jpg

近いようで、それはものすごく遠い。






実はここ、階段から撮っているのですが、

とても錆がひどくて

私もしゃれこーべさんも踏み抜いて

ヒヤッとしました。



廃墟で死ねるのは嬉しいけど

まだ生き足りない。



そしてここは次来た時には

もう通れなくなっているかもしれない・・・





IMG_20140629_060250.jpg

IMG_20140626_124435.jpg

団子3兄弟
IMG_20140626_124542.jpg


そこを目指して。
IMG_20140626_124525.jpg


廃工場に射す光
IMG_20140626_124648.jpg


そろそろお昼時

1時のサイレンが鳴っていました




しかし廃墟の真っただ中


ここでエリンギさん

女子力とやらを発揮いたします







どーーーーーん!
IMG_20140627_165405.jpg
柄にもなくサンドイッチなんか作っちゃいました。


そんなわけで

廃墟に囲まれお昼ご飯!おかずは廃墟です^0^



色々なお話をして

さあ行きましょうか!




入ったところは修理場?のようなところで
IMG_20140626_125126.jpg

IMG_20140626_125145.jpg

IMG_20140626_125231.jpg

IMG_20140626_125204.jpg

小さい頃よく遊びに行っていた

父の小さな工場となんとなく雰囲気が似ていて

懐かしさを感じました。



その奥の部屋には

たくさんの実験器具が

IMG_20140626_125253.jpg


アメ色の精製水
IMG_20140626_125318.jpg

DSC_0236_convert_20140629070127.jpg


何の実験をしていたんでしょうか・・・


知るす術はあるようなないような。





IMG_20140626_125359.jpg

後ろからしゃれこーべさんをこっそりパシャリ





緑と錆。
IMG_20140626_125418.jpg



DSC_0093_convert_20140629042720.jpg
もっとここにいたかったけれど

時間は待ってくれないんです。

また来ます!しばしのさようなら。





次に見えたのは民家の集合地
IMG_20140626_125441.jpg

ほとんどが廃屋


あれっ目が廃墟慣れしているような・・・




空を仰ぐとそこには象徴が。
IMG_20140626_125506.jpg



「閑散」
IMG_20140626_125527.jpg

IMG_20140626_205921.jpg




とにかく
IMG_20140626_205952.jpg

四方八方廃墟。
IMG_20140626_210008.jpg



自然の勝利。
IMG_20140626_210025.jpg

IMG_20140626_210047.jpg

誰かが仕向けたわけでもなく

ただ、ほんの数十年人が手を加えなかっただけで

ここまで自然に覆いつくされる。





なんとなく、

人間が自然に勝てない理由が分かった気がしました。




あの有名な社宅の裏側
IMG_20140626_210206.jpg



「+御安全に」
IMG_20140627_164754.jpg

「御苦労さん」
IMG_20140627_164844.jpg


思いやりはほっとします。





そして、やっときました

IMG_20140627_164935.jpg

しゃれこーべさんピース
CYMERA_20140627_165317.jpg



中の部屋にハイクオリティな落書きがあったり、
IMG_20140627_165335.jpg

時代を感じるものがあったり。
IMG_20140627_171549.jpg



繋ぐ役目はもう終わる。
IMG_20140629_160807.jpg


真四角
IMG_20140627_165438.jpg


素敵でした
IMG_20140627_165943.jpg


島の小学校
IMG_20140627_170159.jpg

ここはまだ現役で

次の日運動会があるらしいです。

生徒は確か5人くらい。




この島で数少ないお店 かあちゃんの店 
DSC_0435_convert_20140629154544.jpg



島に来た人が落書きしていくスペースがあったので

描きましたとも!

IMG_20140627_170354.jpg


しゃれこーべさんも描かれました!
DSC_0434_convert_20140629154430.jpg
手ブレががががが



IMG_20140627_170311.jpg


おじゃましました~





眠れる紫陽花の美女。
IMG_20140629_160747.jpg

これで男の子だったらごめんなさい。






CYMERA_20140629_163304.jpg

IMG_20140629_162952.jpg


炭鉱の島、池島。


しかし軍艦島のように取り上げられることはなく、

長崎市民でも知る人の少ないこの島。



しかし、だからこそ

これだけの素晴らしい遺産が

人の手を加えられることなく

未だに現存しているのでしょう。




IMG_20140626_001912.jpg

あなたがいてくれて良かった。

そしてこんな近くに。





IMG_20140627_165621.jpg
絆  池しま大スキ







というわけで、

本当はもっと綴りたいことあるんですが

これは私の思い出に。



とにかく感動と興奮の1日でした。

涙が出ちゃったほど。





そして、

池島に誘ってくださったしゃれこーべさん

本当にありがとうございました!



遠い地からお疲れ様です・・・!

直接お会いし、

まさか廃墟にまで同伴できるなんて思っていませんでした。


しゃれこーべさんのおかげで

この1日が楽しくなったのは間違いなしです。





とても大切な2つの出会いがあった1日でした。

池島は近いからまた会いに行きます^^




長くなりましたが、

これで今回の池島探索の記録は終わりです。



ここまで見てくださってありがとうございました!

それではまた!










IMG_20140627_164909.jpg





















































スポンサーサイト

COMMENT

- しゃれこーべ

こちらこそ、ありがとうございました

楽しかったよ!

2014.06.29(Sun) 18:49 | URL
- 透け

写真集出せるレベルですよ………!

2014.06.29(Sun) 21:54 | URL
Re: タイトルなし - 廃錆エリンギ

本当にありがとうございました!

またお会いできる日がくることを願ってます( ´∀`)

2014.06.29(Sun) 22:10 | URL
Re: タイトルなし - 廃錆エリンギ

ヒエーー
それは言い過ぎですww

写真に詳しい方からすると未熟者って怒られちゃうレベルです笑

とりあえず、池島の素晴らしさが伝わるといいなと思いながらシャッターを切ってましたが!


とても嬉しいコメントありがとうございます!!
これからも頑張ります(*゚∀゚)

2014.06.29(Sun) 22:12 | URL

TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。